支払いがあるのに現金がなくなり借金をしていてバイトもしていないやつの末路

支払いがあるのに現金がなくなり借金をしていてバイトもしていないやつの末路

クレジットカードの支払いに追われ、お金を借りることもできない私は、あるときクレジットカードの現金化をすることを決意した。

換金率を見たとき少し損をしてしまうが、この窮地を凌ぐには、クレジットカード現金化をするしかないと思い、すぐさま電話をした。

しかし、一人暮らしをしていた私は、自宅に本人確認の電話をすると言われ、バレたらまずいと思い、クレジットカード現金化を断念しようとしたが、電話は内容を隠し、配達物を受けてっといないため連絡したというふうにし、本人確認をすると言われたため、それならいけると確信し、現金化の手続きをしてもらうようにお願いをした。

本当の背景

彼女と同棲中の私はアルバイトもせずに毎日一緒にいるニート生活をしていた。

あるとき、彼女のカードの支払いが足りないということで、やむおえず、自分がクレジットカードの使用枠が余っていたため、そちらで補うため、偶然見つけた広告から調べて、色んな会社を比較して、安全そうなところに電話をしたのがきっかけだった。

いよいよ振り込まれる

現金化をするにあたり、そこの会社が自分のカードで海外の商品を購入し、それを売ることにより得た現金を口座に振り込んでもらうという流れだった。

初めての体験で、怖さもあり、ほんとに振り込まれるのかも心配だったが、しっかりと手続きを円滑に行なっていただき、無事、クレジットカードの支払いを終えることができました。

カードで使用された金額と受け取った金額で少し損をした気分になった。

今後、現金化を利用することはないです。

その理由として、一時的にお金は入るが、結局支払わなければいけないので、そもそもお金の使い方を考え、アルバイトをし、二度と損をするようなお金の使い方考えて生活していこうと思った。

つまり、現金化は一時的にお金を調達できるが、のちに受け取った額以上のお金を支払わなければいけないので、自分でしっかり考えてから、実行することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。